Ehime University, Research Unit for Carbon Fiber Composites

愛媛大学炭素繊維複合材料研究ユニット

トップ > 研究開発項目

研究開発項目

主な研究テーマ

①CFRPの成型モニタリング手法の開発

 成形プロセス中の層間粒子強化型CFRPの硬化挙動と物性変化などから成形後の反りを計算できる合理的で簡易な数理モデルを構築し, これを汎用有限要素解析ソフト上で使用可能にすることにより,低コストで寸法誤差を予測できる実用的な技術の開発につなげる。

非対称クロスプライ積層板画像

非対称クロスプライ積層板(一様加熱条件)

光ファイバーセンサーを用いた硬化モニタリング画像

光ファイバーセンサーを用いた硬化モニタリング


②CFRPの非破壊評価技術の開発

 超音波,渦電流および電気インピーダンスを用いた新たな品質評価法を提案する。光超音波をCFRPに適用する基礎的技術および渦電流, 電気インピーダンスを用いた非破壊評価手法を確立する。 RUではこれらの技術をデータレベルで融合(Data Fusion)した高精度なCFRP非破壊評価手法を提案する。

光超音波を用いた層間はく離の検出イメージ画像

光超音波を用いた層間はく離の検出イメージ


③CFRPの防湿層形成技術の開発と評価

 複雑形状の光学素子に適用できるよう,CFRP表面に防湿層を形成する技術を開発し,反射鏡としての評価を行う。 ここでは防湿層をCFRPに形成し,吸湿を抑制するとともに,平滑度10nm以下とすることで,高い光学特性を確保する。

試作されたCFRPミラー画像

試作されたCFRPミラー


リサーチユニットに関するその他の研究テーマ

航空機部材用CFRPの成形残留応力解析手法の開発

 航空機用熱硬化性CFRP部材の成形時の反り・残留応力を予測するために数理モデルを構築することにより, 汎用FEMソフトを用いた低コスト解析手法を確立する。

層間粒子強化型CFRP画像1 層間粒子強化型CFRP画像2

層間粒子強化型CFRP

主な研究テーマ

リサーチユニットに関するその他の研究テーマ

ページのトップへ戻る