愛媛大学 超高圧材料科学研究ユニット Advanced Research Unit for Materials Science under Ultra-High Pressure

  • English
  • 日本語

About us

概要Overview

 超高圧材料研究ユニットは、愛媛大学の高圧発生装置群を駆使し、「材料科学」分野の開拓を行うことを目的とし、愛媛大学先端研究・学術推進機構の援助のもと平成27年10月1日に組織されました。

 愛媛大学は、世界的に見ても最高水準の高圧発生装置、研究設備が整備された大学です。特に超高圧物質の合成に用いるMulti-Anvil type 高圧発生装置群は世界屈指のレベルを誇り、文部科学省により共同利用・共同研究拠点「先進超高圧科学研究拠点 Premier Research Institute for Ultrahigh-pressure Sciences (PRIUS)」に認定されていす。

 本ユニットでは、高圧合成、高圧下その場測定を通じて圧力の物質に与える影響に焦点を当てて研究しています。ダイヤモンドをはじめとする超硬質物質や、金属間化合物、有機分子物質を研究対象とし、基礎研究から工学的応用に近い領域まで幅広く研究を進めています。

PAGE TOP