組織の理念

先端研究・学術推進機構長のもと,学内の分野横断的研究及び学際的研究の活性化並びに全学レベルの学術プロジェクトに関する企画立案等を行い,学術研究を推進することを目的としています。

はじめに

本学においては、先端研究と基盤研究とを併せて推進支援する「デュアルサポート体制」を学術面の理念としています。 その中で、法人化を契機に、本学の学術関連組織として「先端研究推進支援機構」がいち早く立ち上がり、先端研究センター群の管理運営を支える役割を果たしてきましたが、基盤研究支援に関わる組織整備は出遅れていました。研究コーディネーターを全学に配置するとともに、各部局の代表である統括研究コーディネーターを軸とした「学術研究会議」を立ち上げ、科学研究費に代表される外部競争的資金の獲得、および学内競争的資金の有効分配を重点課題として、基盤研究の環境改善に取り組んできました。 しかしながら、今後ますます重要な役割を担うと予想される「学術研究会議」が現在どの機構組織にも属していないことは運営上きわめて不自然であり、これを内部に包含するような形での機構改編が必要な時期に来ています。加えて、学術研究を側面から支援し、個々の研究の有機的連携を図る一種の「触媒装置」のような仕掛けも機構内に必要であり学術企画室を設置しました。

組織の概要

学術企画室は、室長、副室長、リサーチ・ファシリテーター及びリサーチ・アドバイザーで組織され、学術研究会議にも属しています。

室長 副機構長 鳥居 本美
副室長 副機構長 菅原 卓也
副室長 教授 下村 哲
副室長 教授 飯村 忠浩
副室長 教授 寺内 浩

> リサーチ・ファシリテーター[仕掛け人]

「リサーチファシリテーター」は、学内の研究を多方面からサポートし、学内でその情報を紹介し、組み合わせを担います。つまり、横断的研究や学術的研究の活性化の「仕掛人」となるのです。愛媛大学ではさらに一歩踏み込んで、過去に全学プロジェクトに企画に携わった実績のある研究者をリサーチ・ファシリテーターとして、配置しました。彼らが、その経験から個々の研究者の相談に対応していくことに加えて、実効性の高い情報サイトなどを通じて学内の研究交流の促進に取り組んでいます。

客員教授 能勢 眞人
社会連携推進機構 准教授 秋丸 國廣

> リサーチ・アドバイザー[羅針盤]

全学レベルの学術プロジェクトにおいては、より戦略的な議論を行うことが必要不可欠です。これまで、こうした議論は学長室を中心に行われてきましたが、より効果的で実現性の高いプランをスピーディに創出するために、リサーチ・アドバイザーとして幅広い研究活動の実績と外部資金獲得の経験ある人材をその任務に当てることにしました。愛媛大学の研究の「羅針盤」として、全学レベルの研究の方向性を定めるためのアドバイスを積極的に行っています。

先端研究・学術推進機構 特別栄誉教授 遠藤 弥重太
沿岸環境科学研究センター 特別栄誉教授 田辺 信介
地球深部ダイナミクス研究センター 特別栄誉教授 入舩 徹男
四国地区国立大学連合アドミッションセンター 特命教授 長濱 嘉孝
社会連携推進機構 特命教授 武岡 英隆

活動内容

学術企画室は,学内共同研究の活性化を目指し,研究者情報の充実,共同研究に特化した相談窓口の設置,学内競争的資金制度の中でのシーズを発掘,研究者データベースの構築,ホームページの立ち上げ,機関誌の発行,共同研究希望者へのヒアリングとコーディネートを行います。また,学術フォーラムの開催やブラッシュアップ制度を充実させ研究コーディネーターのレベルアップを図ります。

規程関係

先端研究・学術推進機構規則

学術企画室要項

 

このページのTOPへ→