機構の概要

設置の目的

 先端研究・学術推進機構は、愛媛大学の理念と目標に沿い、特色ある分野で世界レベルの先端研究を推進するとともに、全学の学術基盤の充実を目指した研究戦略及び具体的な方策の構築等を通じて、本学の学術研究の推進に寄与することを目的に設置されました。

愛媛大学憲章(研究)

機構の構成

 本機構は、世界レベルの先端研究を推進するセンター群、および研究の円滑な遂行を支援する教育研究高度化支援室 からなる先端研究推進会議 と、全学の学術基盤を支援するセンター群、および学内横断的な研究ユニットを創成していく学術企画室 からなる学術研究会議 で構成されています。

先端研究推進会議

沿岸環境科学研究センター 地球深部ダイナミクス研究センター
プロテオサイエンスセンター 東アジア古代鉄文化研究センター
宇宙進化研究センター 教育研究高度化支援室

学術研究会議

学術支援センター 総合情報メディアセンター
埋蔵文化財調査室 学術企画室

法人化後の愛媛大学 機構を核に運営

先端研究センターの沿革

●学部間の垣根の低さを利用した横断的研究の展開

外部資金獲得の原動力

●科研費の推移

外部資金獲得の原動力

このページのTOPへ→