学術研究会議

 本学の基盤研究に関しましては、法人化後に、学長や理事を核に学術研究の推進について検討する「学術研究委員会」が設置され、また、外部資金獲得等に資するための「研究コーディネーター制度」が立ち上げられて、大学本部と各部局間の連携が図られてきましたが、十分に機能を果たしている状態ではありませんでした。そこで、平成21年度に入り、学術研究委員会が改組され、全学の学術基盤の充実を目指した研究戦略の構築等並びに学術支援センター(旧総合科学研究支援センター),総合情報メディアセンターおよび埋蔵文化財調査室の重要事項について審議する「学術研究会議」が設置されました。
 本会議においては、学内における研究の「目利き」としての研究コーディネーターを改めて選出し、その中から部局を代表する統括研究コーディネーターを指名して、常任メンバーとしました。これにより、学術研究会議を通じて、機構長(学術・環境担当理事)、研究コーディネーター、各部局が有機的に連携することとなり、前述の機能不全は大きく解消され、基盤研究を支えるシステムの循環がスムースになりました。 本会議では、学長裁量経費による学内競争的資金をもとに優れた研究を選定・支援していますが、平成22年度からは、従来の萌芽的研究に加え、分野横断研究や本学着任直後の教員のスタートアップ支援等を盛り込んだ「研究活性化事業」制度を立ち上げて、多様な角度から学内の学術基礎の強化を図っています。
 また、平成27年度からは,本学の特色ある研究分野、先進的研究分野において優れた実績を有し、将来の発展が見込まれる研究グループを認定する「リサーチユニット(RU)制度」を創設し,研究活動の更なる推進と活性化を図っています。

学術研究会議資料学術研究会議委員名簿学術研究会議規程